Everybody In The Place...

イエ!イエ!イエ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
John Lennon

今日はジョンレノンの命日だ。
とりたてて彼のファンという訳でもない。
それでも、毎年この日はぼくにとって特別な日だ。
特に意識しているわけでもない。
それでもこの日、ぼくは必ず彼のことを思い出す。
| モト | - | 22:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
Coffee&Cigarettes


またこんなに日数が空いての書き込みです。
今日は台風が来るらしく、家でおとなしくしているところです。
ニュースをみていると三重とか静岡とかすごいことになってます。
とかなんとか言ってたら関東にも上陸したようだ。
これが過ぎればなにかかわるだろうか。。。

少々遅れた話題だがイチローが大リーグ記録を塗り替えた。これには鳥肌がたった。連日ニュースでも報道されていたが、そんな野球に詳しい訳でもないほくでも「この男はほんとに人間なのか?」と思わせた。しかし、これについてはぼくがいくら興奮した言葉を並べても意味を持たない。ほんとにクリエイティヴだと思う。
最近、世界というのをよくもわるくも身近に感じる。


さて、話題は本題ですが最近いつになったら日本公開されるのだろうと心待ちにして、待たされすぎてる映画がある。それは。。。
続きを読む >>
| モト | - | 19:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
The RAPTURE


いやーほんとにひさしぶりにかきます豚
まえこのブログにかいたpixeltanのMIKAさんにメール送ったら返ってこなかった。。。と、ちょっとへこみぎみなメールの終わり方やったんやけど、メールが返ってきましたー!
続きを読む >>
| モト | - | 19:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
pixeltan

PIXELANという、NY在住でメンバーに日本人のいるバンドが、今、最も注目されるレーベル、「DFA」から、12インチを9月にリリースする。
このバンド以前旅行中に会っていたのだが、いろんな意味で驚いてしまいました。。。

2002年の春先頃。まだかなり冷えるNYへむかった。
わずか10日ほどの滞在であったが。。。
続きを読む >>
| モト | - | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
港のロキシー

そわそわしてこの日の僕には彼のうたを楽しむよゆうはあまりなかった。
知っていたこととはいえ、そこには確かに僕の求めているものがあったからだ。
こんなこと書くと、たまたま読んだ人に怒られそうだが、うたっているときの彼ははたからみていると、おそらくただの気のちがったおっさんでしかない。
このおっさんは、こんなことをいっていた。
「音楽はみなさんに出会ういいわけにすぎないんです。わたしはみなさんと出会いたいんです。」
顔をくしゃくしゃにしながら照れくさいんだかなんだかよくわからないのに、自然にいってのける彼が印象的だった。
こんな彼のうたを、もっと僕と同じくらいの世代、もしくは僕よりずっと若い世代の人にももっと聴いて欲しい。

彼は、とてもすてきで人生を楽しむことを知っている人である。
| モト | - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
球体をめぐるファンタジー

今大会のアジアカップが本当にもたらしたものとはいったいなんだったのだろう?
このスポーツにおいては非常に色濃くその国のカラーや文化、歴史の背景というのが度々顔を出す。他のスポーツではどういったわけか、あまり顕著にみられない。
ぼくは近代の内戦や他国の文化といったものに強く興味を抱くようになったのはサッカーをみていたおかげだといっていい。
時に、それは平和のメッセージであったり、時に、それは政治やビジネスの道具にすぎないものであったり、それでもそんなスポーツを僕は愛してやまない豚

「STONE ROSES / VERY BEST OF」
| モト | - | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
淡い心だって言ってたよ

つい先日、ブログに書いたばかりですけど、触れずにはいられないので。
今日、メンバーから2004年7月7日をもって解散していたことが報じられた。
4年間全く活動する気配もなく、活動を休止した4年前も、活動休止という名目だったが、もう4人揃うことはないんだろうなと漠然と思っていた。それでも、形式上とはいえ、いわゆる今後の活動は無いという位置づけである「解散」をはっきりと宣告されると寂しくなるものだ。
吉井和哉の詩には常に「死」がつきまとう。僕はこの「死」に対する感じかたにシンパシーを憶えていたのかもしれない。ふと、そんなことを思いました。

どうもありがとう。また会えるといいね。



| モト | - | 00:37 | comments(1) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Year of the Horse
Year of the Horse (JUGEMレビュー »)
Neil Young & Crazy Horse
The Very Best Of
The Very Best Of (JUGEMレビュー »)
ザ・ストーン・ローゼズ
JAM
JAM (JUGEMレビュー »)
THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉, カラオケ
BRILLIANT WORLD
BRILLIANT WORLD (JUGEMレビュー »)
THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉, JON JACOBS, DAVID MAURICE

このページの先頭へ