Everybody In The Place...

イエ!イエ!イエ!
<< The RAPTURE | main | John Lennon >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Coffee&Cigarettes


またこんなに日数が空いての書き込みです。
今日は台風が来るらしく、家でおとなしくしているところです。
ニュースをみていると三重とか静岡とかすごいことになってます。
とかなんとか言ってたら関東にも上陸したようだ。
これが過ぎればなにかかわるだろうか。。。

少々遅れた話題だがイチローが大リーグ記録を塗り替えた。これには鳥肌がたった。連日ニュースでも報道されていたが、そんな野球に詳しい訳でもないほくでも「この男はほんとに人間なのか?」と思わせた。しかし、これについてはぼくがいくら興奮した言葉を並べても意味を持たない。ほんとにクリエイティヴだと思う。
最近、世界というのをよくもわるくも身近に感じる。


さて、話題は本題ですが最近いつになったら日本公開されるのだろうと心待ちにして、待たされすぎてる映画がある。それは。。。
ジム・ジャームッシュの最新作「Coffee and Cigarettes」である。
アメリカでは2003年にすでに公開されている。日本での人気も考えるとそろそろ公開されてもおかしくない。
オレは、けっこう「最新作はすぐに観たい」とか、いう、一般的な映画ファン欲があまりない。日本での公開が遅れたり、予定がなかったり、観に行けなかったりしても、まぁこういうのは出会いだからみるべきであれば然るべきときにきっとみるだろうと思ってたりする。みなければそれはそれで、その時の自分には必要ないのであろぅと解釈している。
が、しかしジャームッシュ監督に関しては違うのだ。
映画というのはやはり役者が目立つ。
しかし、彼の作品はほんとにクリエイター色が強い。ぼくが映画をやりたいと思ったのは、そんな彼の作品を知ったころだ。
「YEAR OF THE HORSE」なんて、こんなに愛に溢れたドキュメンタリー作品をぼくは知らない。
彼の作品は愛に満ちあふれている。
20年以上も一貫して世間一般の常識に左右されない哲学、その人柄。なにより映画を楽しむ感覚がいい。
日本公開されれば必ず観に行く。。。だろう。
みせたい人もいるしね。

| モト | - | 19:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:22 | - | - |
coffee and cigarettes見てきましたよ!(in paris)
とにかく、でてくる人達がよい!
そして、話しがおもしろい。と当たり前のことしか書けませんが。
あらあらまあまあとおもいながら見てました。
見終わったあと、後ろにいたフランス人の男の人も、トレビアン!と。
もちろん、見終わったあとは近くのカフェでコーヒー飲んで帰りました。
| kt | 2004/12/12 7:22 AM |









http://kirikuku.jugem.jp/trackback/19
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Year of the Horse
Year of the Horse (JUGEMレビュー »)
Neil Young & Crazy Horse
The Very Best Of
The Very Best Of (JUGEMレビュー »)
ザ・ストーン・ローゼズ
JAM
JAM (JUGEMレビュー »)
THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉, カラオケ
BRILLIANT WORLD
BRILLIANT WORLD (JUGEMレビュー »)
THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉, JON JACOBS, DAVID MAURICE

このページの先頭へ